Tag Archives: config

smartmontools self-testのスケジュール設定 (smartd.conf)

smartmontoolsのsmartd.confのself-testスケジュール設定、
デフォのコンフィグには曜日と時間の設定例しかなかったのでメモ。

man – SMARTD.CONF

-s REGEXP
Run Self-Tests or Offline Immediate Tests, at scheduled times. A Self- or Offline Immediate Test will be run at the end of periodic device polling, if all 12 characters of the string T/MM/DD/d/HH match the extended regular expression REGEXP.

T/MM/DD/d/HH

T: テスト種別
  S:Short self-test: 低精度短時間(定期検査に向く)
  L:Long self-test: 高精度長時間
  C:Conveyance self-test: 運搬過程で障害が発生しやすいセクタの検査
  O:Offline immediate-test:オフライン緊急テスト???

MM: 月(01-12)

DD: 日(01-31)

d: 曜日(0-7) 月(1)~日(0,7)

HH: 時間(00-23)

例: Shorttestを毎日00時、Longtestを毎月1,15日00時に実施

DEVICESCAN -a -o on -S on -s (S/../.././00|L/../(01|15)/./00)

テスト種別がS,Lの他にもあるの初めて知った。
HDD買ったら、まずは種別C→Lの順で検査してから運用に回した方がいいかもね。

DDNSの死活監視など

mydns.jp使ってるんだけど、たまに落ちたりするので、ログ取りと同期処理に死活監視も加えることにした。
アクセスNGになったらメール送信、加えてアクセスOKだが同期でNGが連発したらメール送信。
1周間くらい回して問題なさそうなので、メモがてら載っける。
ログ見てると結構エラーで弾かれてるのね。

【動作環境】
 CentOS7
 ssmtp

Continue reading

CentOS7の/var/log/messagesに大量のStarting Sessionがあってログが見難い

Feb 20 19:30:01 mi0 systemd: Started Session 1051 of user root.
Feb 20 19:35:01 mi0 systemd: Starting Session 1052 of user root.
Feb 20 19:35:01 mi0 systemd: Started Session 1052 of user root.
Feb 20 19:40:01 mi0 systemd: Starting Session 1053 of user root.
Feb 20 19:40:01 mi0 systemd: Started Session 1053 of user root.
Feb 20 19:45:01 mi0 systemd: Starting Session 1054 of user root.
Feb 20 19:45:01 mi0 systemd: Started Session 1054 of user root.
Feb 20 19:45:23 mi0 systemd: Starting Session 1055 of user root.
Feb 20 19:45:23 mi0 systemd: Started Session 1055 of user root.

こんな感じで大量に出力されてた

# vi /etc/systemd/system.conf

#LogLevel=info

LogLevel=notice
に変更して再起動したら出力されなくなった。
デフォルトがinfoなのね。